受付時間
平日9:00~21:00 ※20時以降は予約が無ければ終わります
土日祭日9:00~17:00
定休日:水曜日
アクセス
甲府駅から車で5分 山交バス停歯科医師会館前より徒歩1分
駐車場あり(4台)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

055-253-3232

スポーツでのケガ(症例別)

オスグットについて
 

オスグット・シュラッター病

 オスグット病は、小学生高学年位から高校生(10~15歳)位の成長期の子供に発症するスポーツ障害です。太ももの筋肉(大腿四頭筋)が膝のお皿の下の部分を引っ張り盛り上がって炎症を起こします。 基本的には、安静が大事ですが、なかなか運動を休めない選手の方達が多いです。       基本的には、安静が大事です。

オスグット・シュラッターの治療

 当院では、9割位のオスグットの患者さんが、3回位の治療でスポーツに復帰しています。 スポーツ障害なので、健康保険も適用されます。 

 治療としては、鍼(はり)と同じ効果のあるSSP(シルバー・スパイク・ポイント)と言う電気をかけます。その後で、アイシングをして、テーピングを施します。 早期の適切な治療で早くスポーツを再開する事が出来ます。

野球肘・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

 肘の内側(小指側)の出っ張りの部分が痛くなります。いわゆる野球肘、ゴルフ肘と呼ばれるスポーツ障害です。 痛みが出た場合は、一番は安静です。スポーツの運動量を減らす事が大切です。            

痛みや違和感があるのに、無理をして運動を続けると、スポーツが出来なくなるだけではなく、日常生活にも影響が出ます。 症状が出たら無理をせず安静にし、早めに治療を受けましょう。 

 上腕骨内側上顆炎も、保険が使えます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

 肘の外側(親指側)の出っ張り部分を動かすと痛みが出ます。いわゆるテニス肘と言われます。 外側上顆炎は、物をつかんで持ち上げる動作や、雑巾を絞る動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出てきます。 

 テニスプレーヤーに多くみられるのでテニス肘と呼ばれていますが、実際はテニスをしない方でも比較的みられる病気です。 フライパンをよく振っている方や、パソコンでの入力を多くされる方にもみられます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の治療

 基本的に安静が大切です。ですからスポーツや負担の原因と思われる作業を控えましょう。パソコンで痛みのある方は、椅子を少し高くしてあげると手首をあまり伸ばないようにする事で改善が得られることもあります。また手首や指のストレッチはこまめに行いましょう。 

痛みが続くようでしたら早めの治療が大切です。 スポーツのケガであれば、健康保険が使えます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
055-253-3232
受付時間
平日9:00~21:00
※20時以降は予約が無ければ終わります
土日祭日9:00~17:00
定休日
水曜日(第2.3日曜もしばらくお休みです)

お気軽にお問合せください

電話でお問い合わせ

お電話でのお問合せ・相談予約

055-253-3232

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/09
手根管症候群を追加しました。
2022/04/04
QR決済、クレジットカードが使えます
2021/03/10
ホームページを公開しました。

屋形整骨院

住所

〒400-0017
山梨県甲府市屋形2-1-35

アクセス

甲府駅から車で5分
山交バス停歯科医師会館前より徒歩1分
駐車場あり(4台)

受付時間

平日9:00~21:00
※20時以降は予約が無ければ終わります
土日祭日9:00~17:00

定休日

水曜日(第3日曜日もお休みです)